DESIGN デザイン

ラインが織りなす煌めきの邸

ルーバーで表現されたラインデザイン。
彩られた地上14階建てのフォルム。
階高を超えて配された多彩なライン。
タイルやステンカラー・ブロンズの金属ルーバー。
ブロンズガラスなどのマテリアルによってシックな煌めきが放たれ、ファサード豊かな表情が醸しだされています。

人の目に残す鮮やかな格式と解放感

ドアを超えてなお高く広がるガラスウォールと、
その内に秘めた二層吹抜によって
ラグジュアリーな空間が演出されています。
特別な空間への入口を自ら宣言している意匠によって、
明治通りを行く人々の目に鮮やかな印象が残されています。

空間と質感の贅

それぞれのプライベートへの境界でありながら、非日常的な空間性を湛えたエントランスホールでは、踏み込んだ瞬間、ときめきと開放を感じさせる二層吹抜の天井があります。木調の温もりある質感を豊かに表現しつつも、モダンであることに徹したインテリアが訪れる人を格式高く迎え入れます。

意匠と潤いの迎賓空間

エントランスホールの奥にはラウンジ「グレイターベース」が配されています。“高さ”だけではなく“深さ"が表現されており、木目調の壁と石目調の床に包まれた質感豊かな空間から望む四季の移ろいを感じることができるようになっています。洗練の意匠と自然が調和した迎賓と寛ぎの空間が広がっています。
※上記の内容は分譲当時のパンフレットに記載されている内容を基に掲載しております。